ささやかな記録


by yuma0310
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

現地語であるチェワ語の訓練期間中(2006/10/15くらい~20006/10/29くらい)に、ランゲージトリップというイベントがありました。主旨としては、訓練で培った語学力(チェワ語)を活かしてマラウイの人たちと実際にコミュニケーションを図りましょう、みたいな感じですかね。はい。

そんなランゲージトリップで伺ったところは、マラウイの伝統農業を営んでいる農家でした。近年、マラウイでは農薬を沢山使って一時的に収穫量を増やそうとする農家が多いなか、こちらの農家は自然の力有効に利用する伝統的な農業を守っているとのこと。育っていた作物、花々はとても美しく、やせた大地が多いマラウイにもこういう場所があるのだなぁ、と驚きました。

f0093612_591690.jpg


f0093612_56502.jpg


と、まあ一ヶ月前のことを振り返ってみました。
[PR]
by yuma0310 | 2006-11-30 04:24 | マラウイ~風土/地理

任地バラカでの生活(1)

活動地であるバラカに到着したのが2006年11月6日月曜日

ジャイカと配属先との調整により、トランスポーテーションは配属先が全て用意することになっています。てっきりカウンターパートが自ら迎えに来てくれるのかと思っていたら、10月に一度バラカへ訪問した時に知り合ったアリ(アレクサンドリア:イケメン イタリア人ボランティア)が迎えに来てくれました。丁度お迎えの日に彼の奥様がイタリアからリロングウェに到着するので一度にピックアップしてくれたのです。

首都リロングウェのショップライトという大きなスーパーマーケットで待ち合わせ。同行していたのは、奥様だけでなく他2名のイタリア人ボランティアの方もいらっしゃいました。

f0093612_23534762.jpg5人を乗せて一路バラカへ。首都からバラカまでは車で3~4時間くらい。途中には中規模な街がたまにあるけれど、写真のような景色が延々と続きます。



バラカという都市、マラウイでは結構大きな都市です。
参考:http://en.wikipedia.org/wiki/Balaka_(Malawi)

この街はイタリアのカソリック団体の支援がとても顕著です。バラカの街に入るとまず目につくのが非常に大きく立派な教会。バラカをいくつかの地区に分けたその一つ、アンディアモ地区には多数のイタリア人ボランティアや神父さんがいらっしゃいます。

スーパーマーケットもあるし、当然、警察署や郵便局もあり、スタジアムまである中々の中規模都市です。あまりカメラを持ち歩きたくは無いけれど、今度写真を撮っておきます。

まあ、そんなバラカという都市に着いて生活を始めている次第です。
[PR]
by yuma0310 | 2006-11-27 00:05 | マラウイ~風土/地理
マラウイに着いて、2週間くらい経過してから『下痢』を経験しました。

日本にいた頃は、大抵一度出してしまえば(食事中の方すみません)何も無かったかのように復活していました。しかし、今回は違ったね。3日くらい続いたかな。。。しかも、病院行って薬をもらったら、薬が強すぎて胃まで痛くなる始末。

原因はカルボナーラの卵か飲み物に入っていた氷。ちょっと豪華な食事でも、と思って同期隊員と二人で行ったら、この二人だけが下痢になったんだよね。。。

まあ、一度はなるものだから仕方が無い。もう耐性できたでしょう。

今度からは少しずつ写真もアップしていきたいと考えています。バシッ。
[PR]
by yuma0310 | 2006-11-17 05:03 | マラウイ~風土/地理
2年間、マラウイで青年海外協力隊員として活動する。

青年海外協力隊員は毎年4期に分かれて各国に派遣される。マラウイに派遣される自分の隊次の隊員数は17人。これは非常に多い。ちなみに男5人、女12人。マラウイは協力隊員の数が他国と比べると非常に多い、総勢80人くらいかな。非常に簡単に言うと、それほど貧しい国なのです。

マラウイに到着してから、すぐに自分の任地(JICAが決める)に赴くわけではありません。一ヶ月の間、マラウイの文化・風習の学習、現地語の訓練があります。そんなわけで、とりあえず首都であるリロングウェで同期隊員と共同生活。

リロングウェでの一ヶ月、学ぶところは多々あった。

とりあえず今日は現地語について書きます。マラウイの公用語は英語とチェワ語。Primary schoolの5年生くらいからは全ての授業が英語で行われるため、英語はかなり通じます。しかし、そうはいっても学校にいけなかった人達がたくさんいる国です。当然スーパーマーケットやら日常会話は現地語であるチェワ語が使われます。(マラウイ北部ではチェワ語ではなくトゥンブカ語)。その為、協力隊員は当然チェワ語を知っておく必要があり、2週間程現地語の訓練を受ける機会が与えられています。

2週間の訓練の結果、なんとか挨拶、自己紹介ができる程度になりました。

- Muli bwanji? ムリバンジー 元気?
- Ndili bwino. Kaya inu? ンディリブイノー カヤイヌ? 元気だよ。君は?
- Ndiri bwino uso.zikomo. ンディリブイノーウソ。ジコモ。 僕も元気だよ。ありがと。
- zikomo. ジコモ。 ありがと。

dzina langa ndi Yuma.
ジナランガンディ ユーマ
私の名前はゆうまです。

Kwathu ndi ku Tokyo capita site ya Japan.
クワツ ンディ ク トーキョー キャピタシテ ヤ ジャパン
日本の首都、東京から来ました。

Ndinafika ku Malawi pa 3 Oct.
ンディリナ フィカ ク マラウイ パ スリーオクトバー
マラウイには10月3日に来ました。

Ndikugwira ntchito yophonzitsa compita ku Balaka.
ンディリクグイラ ンチト ヨプンジツァ コンピタ ク バラカ
バラカでコンピュータを教えています。

Ndikukonda kukwela phiri ndi mpila.
ンディナコンダ ククウェラ ピリ ンディ ムピラ
登山とサッカーが好きです。

Ndikusangalala kukhara ku Malawi.
ンディクサンガララ クカラ ク マラウイ
マラウイに来れて良かったです。

ちょっと意訳してますが、こんな感じ。バシッ!(That's all!)
[PR]
by yuma0310 | 2006-11-15 00:45 | マラウイ~風土/地理