ささやかな記録


by yuma0310
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

交通事故2

友人の交通事故から一週間、ブランタイヤにあるプライベートホスピタルへお見舞いに行ってきました。病室に入るまではどんなになっているか心配していたんだけど、会ってみると意外と元気そうで一安心。

マラウイでは都市間の移動はミニバスと呼ばれる所謂ミニバン、を利用する。この場合は、後ろの座席中央が生存率が高い。ルーラルエリアでは軽トラックを利用するケースが多い。これはどこにいようが生存率は低い。今回、彼は軽トラックに乗っていたようだけど、助手席をキープしていた為に生き残ることができた。車は何回かゴロゴロひっくり返ったようで、後ろに乗っていた人が3人死亡・・・。

生き残ることができて本当に良かった。


友人の事故のせいか、最近、億劫な気分が続いている。とりあえず、移動するのが恐ひ。
[PR]
# by yuma0310 | 2008-06-06 03:02 | マラウイ~風土/地理

交通事故

自分が住んでいる寮みたいな所に、イタリア人歯科技師がいる。イタリア人の中では一番仲が良いかな。

そんな彼が昨日の夜、交通事故にあったと聞いた。あばら骨が3本折れて、肺に突き刺さったとのこと。どうやら、マラウイ人が運転していた車が坂道を後ろ向きで走ってしまい、車がひっくり返ったらしい。おそらく、乗っていた車は軽トラックみたいな車。後ろに20人くらい乗って移動する。同乗していた人のうち3名はお亡くなりになったらしい。

今、彼はマラウイで一番大きな都市の病院に入院している。一命は取りとめたとは言え、予断は許さず。早く回復することを祈るのみ・・・。


マラウイは交通事故による死者が非常に多い。・・・。
[PR]
# by yuma0310 | 2008-05-27 03:01 | マラウイ~風土/地理

てんてこ舞い

忙しい日々が続いています。

うちの学校は日本で言う所謂『専門学校』。生徒達は目標とする資格試験に合格すべく日々勉強をしています。・・・。いや、勉強していると信じたい。

学校は二期制で1~6月、7~12月に大きく区分されます。1~6月の生徒達の資格試験が6月4日、いよいよ試験の日が近づいてきているということで、今は試験対策に追われています。と、今年度からカリキュラムを大幅に変更したので、先生達は7月以降の新授業のための教科書作りを同時平行でやらなくてはいけない(というか、やらせてる)。


そんなわけで日々の仕事はあれやこれや大変なのですが、それに加えて、あるマラウイの月刊誌に「マラウイのITC(Information and Communication Technology)education」というタイトルで寄稿することになったので、その記事作成のお仕事。英語の記事のため、あたふたあたふた。

日本に帰国する先輩隊員向けFarewell Partyのための映像作品作成。映像編集ソフトはほぼ初体験なのでこれも、あたふたあたふた。


残り4ヶ月、駆け抜けるぜ!
[PR]
# by yuma0310 | 2008-05-26 04:14 | マラウイ~IT
ザンジバルからダルエスサラームに戻って、そこで更に2泊。

今回の旅行で最も楽しみにしていた食事の一つ、Japanese Sushi(寿司)を食べに、タンザニア最高級のキリマンジャロホテルにあるオリエンタルレストランに行ってきました。

キリマンジャロホテルの内装は、そりゃもう近代都市でした。オリエンタルレストランの雰囲気なんて銀座のレストラン並み!寿司を握ってくれる人はタイ人(か、インドネシア人)。でも、すごく美味かった。寿司セット、刺身セット2人前平らげてしまった。涙流しながら食った。味噌汁もすごく美味かった。飲み物は白ワイン。寿司と白ワインの相性は中々良いと言われだしている中、初めて挑戦。そして、バッチリ。

たまには、贅沢しても許されるでしょう。

ダルエスサラームではマラウイ隊員K君に頼まれていた、ティンガティンガと呼ばれる絵を購入。アフリカンアートでは世界的に有名で、海外から手に入れるのは少し大変。自分は買うつもりなかったんだけど、気に入った絵を見つけてしまったので購入してしまった。

参考:ティンガティンガ

あとは地球の歩き方を片手に、タンザニア民族住居博物館行ったり、ショッピングモールに行ったり、と。一人旅行ならではの自由気ままな行動をしてました。

そしてマラウイへ帰国(?)。
途中、ダルエスサラームの空港で知り合いのイタリア人と遭遇、知らない土地で知り合いと偶然と会うってのは感慨深いものでした。彼は英語を知らないため、チェワ語で、会話。周りの人たちの視線がちょっと面白かった。
マラウイ入国の際に少し問題があったんだけど、こちらもチェワ語を使って危機回避。

マラウイに帰ってきて、「やっぱマラウイ良いわー」と感じた。


1時間で「もう、いいわー」とも感じたけど。

そんなタンザニア旅行、満喫できた!
[PR]
# by yuma0310 | 2008-05-13 00:29 | その他